選び方

その時代の流行のファッションをしっかり着こなすにはベースとなるボディそのものも大切ですが、ボディの魅力をさらに引き出す下着、インナーウェアの力も大切です。
下着は身体の周囲の温度管理と衣服の中の快適度を一定に保つのが最も大切な役割ですが、ボディラインを整えてボディの魅力と衣服の魅力を引き出す役割も最近は重要視されてきています。
下着の種類は補正機能を持ち重力や筋力の衰えにより下方に落ちたり四方に散らばってしまった肉をあるべき所に保つ役割をもつファウンデーションと呼ばれる種類があります。
ガードルやウエストニッパーやボディスーツやボディシェイパーがこの種類にあたります。
装飾性が高く華美な素材とデザインでドレスコードにあわせて身につけるのがランジェリーと呼ばれる種類です。
こちらは補正機能は無いので、ファウンデーションで作り上げたボディラインをここぞの時にランジェリーで引き立たせるというメリハリのある使い方になります。

ファッションの流行の変化とともにランジェリーやファウンデーションの機能にも流行の変化が若干でてきます。
素材や色の変化はもとより、ランジェリーやファウンデーションの役割を強調する流行であったり、より自然さを大切にする流行であったりという大きな違いも出てきます。
以前のインナーウェアはボディラインを理想的に整える事に重きをおいて強い補正機能を求める流れがありましたが、現在はその人それぞれがもつ自然の美しさを活かしつつボディラインをソフトにゆるやかに整えるのが主流になっています。
最近は補正機能を持たせた衣服をメインに使い、ファウンデーションのを使わず下着はナチュラルに身につける人も出てきています。
見せる事を前提に装飾にパブリック性を持たせた下着も数多く出てきているので、楽しんで使いこなす選択肢はさらに増えつつあります。